ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 三原市消防本部 > ホテル・旅館等に対する表示制度について

ホテル・旅館等に対する表示制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月15日更新

ホテル・旅館等に対する 表示制度の『表示マーク』の掲出開始

消防法令のほか,重要な建築構造に関する基準に適合している建物の情報を利用者に提供する「表示制度」の運用を開始しています。
(平成26年4月1日から受付)
表示マーク交付
建築構造等の適合性も含めた防火防災管理状況について審査し,一定の基準に適合しているホテル・旅館等として認定されたホテル・旅館等の一覧を紹介します。

 認定を受けたホテル・旅館つには表示マークが交付されます。

番号名称所在地交付年月日種別
ホテルヤッサ三原市城町一丁目9番2号平成26年8月28日
2三原シティホテル三原市城町二丁目2番2号平成27年2月19日

 

表示マーク掲示ホテル

表示制度とは

ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から「表示マーク」を交付し、その掲出により防火安全情報を利用者に提供する制度です。

      表示マーク(銀)          表示マーク(金)

          表示マーク(銀)                 表示マーク(金)

<表示マーク【銀】の交付>
 消防機関による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合は、『表示マーク【銀】』(有効期間1年間)が交付されます。

<表示マーク【金】の交付>
 3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、『表示マーク【金】』(有効期間3年間)が交付されます。

対象となる建物は

3階建て以上で収容人員30人以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。


制度の対象

上記の内容及び詳細については、下記をクリックするとご覧いただけます。

ホテル・旅館等に対する「表示制度」(総務省消防庁ホームページ)

  

【申請様式】

    表示マーク交付(更新)申請書

    表示マーク受領書

    表示制度対象外施設申請書