ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 産業・事業者向けの情報 > 産業振興 > 起業・経営・中小企業支援 > R2年新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援について

本文

R2年新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援について

記事ID:0102299 更新日:2020年3月23日更新

新型コロナウイルスに関連するQ&A

 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

 厚生労働省Q&A【企業の方向け】(外部リンク)

経済産業省の支援策

 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策をご案内します。

経済産業省の支援策(外部リンク)

 広島県県費預託融資制度について

新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少等に対応した資金調達に活用可能な制度をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業者等のみなさまへ(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症関連の県費預託融資制度概要 [PDFファイル/674KB]

 新型コロナウイルス感染症の発生に伴うセーフティネット保証4号の認定受付について

  突発的災害(自然災害等)の発生により売上高等が減少している中小企業者等の資金供給の円滑化を図り,支援するための措置で,信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証する制度です

 新型コロナウイルス感染症の発生に伴うセーフティネット保証4号の認定受付について(リンク)

 セーフティネット保証5号の認定受付について

 全国的に業況の悪化している業種に属することにより,経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため,信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80%保証を行う制度です。

 セーフティネット保証5号について,新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種が緊急的に追加指定されました。

 また,時限的な運用緩和として,2月以降直近3か月の売上高が算出可能となるまでは,直近の売上高等の減少と,売上高等見込みを含む3か月間の売上高等の減少でも可とされています。

セーフティネット保証に関する情報,現在の指定状況(中小企業庁へのリンク)

 対象となる中小企業の方は,法人の場合は登記上の住所地または事業実体のある事業所の所在地,個人事業主の方は事業実体のある事業所の所在地の市町村の商工担当課等の窓口に必要書類を提出し,認定を受け,希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を提出し,保証付き融資を申し込むことが必要です。

セーフティネット保証5号の認定受付について(リンク)

危機関連保証の認定受付について

 新型コロナウイルス感染症により危機関連保証が発動されました。全国の保証対象業種を営む中小企業者を対象に、融資額の100%を保証する制度で、一般保証の限度額(最大2.8億円)とセーフティネット保証の限度額(最大2.8億円)とは更に別枠の限度額(最大2.8億円)となります。

危機関連保証の認定受付について(リンク)

新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援窓口の設置について

 今般の新型コロナウイルスの流行により,影響を受けるまたは,その恐れがある中小企業・小規模事業者の皆さまを対象に,相談窓口の設置等についてご紹介します。

相談窓口の設置について

経済産業省

新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援相談窓口(外部リンク)

三原商工会議所

新型コロナウイルスに関する経営相談窓口(外部リンク)

三原臨空商工会

三原臨空商工会のホームページはこちらです。(外部リンク)

日本政策金融公庫

 新型コロナウイルスに関する相談窓口・主な融資制度(外部リンク)

広島県信用保証協会

「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」の設置について(外部リンク)

市内各金融機関

 市内各金融機関では「特別相談窓口の設置」や「特別融資」が創設されています。
 具体的な手続き等については,各金融機関へ直接お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)