ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 三原市教育委員会 > 令和3年度新入学する児童・生徒に係る隣接校選択制度に基づく申請を募集します

本文

令和3年度新入学する児童・生徒に係る隣接校選択制度に基づく申請を募集します

記事ID:0111737 更新日:2020年9月15日更新

1 「隣接校選択制度」の概要

 小・中学校へ入学する児童・生徒については,保護者の住所のある通学区域の学校(就学学校)に入学するように指定しています。「隣接校選択制度」は,就学学校のほか「隣接校」(教育委員会が指定する学校)に入学を希望すれば,受入人数の範囲内で入学できる制度です。

2 対象児童・生徒

 令和3年度に小・中学校に新入学する児童・生徒が対象です。転居等を除き,原則,卒業まで学校を変えることはできません。
 また,小学校入学時に隣接校の学校に就学したとしても中学校入学時に隣接校(保護者の住所のある通学区域以外の学校)に確実に入学できるものではございません。
 したがって,保護者は通学時の安全,経費等を含め,責任を持って慎重に学校を選んでください。

3 実施対象校・受入人数

【小学校】

入学を希望する学校

定員

申請可能な対象者の就学学校

※通学区域が次の学校であれば左記の学校へ申請することができます。

三原小

25人 

糸崎小,中之町小,西小,南小,久井小

糸崎小

5人

三原小,木原小

木原小

若干名

糸崎小

中之町小

10人

三原小,深小

西小

15人

三原小,南小,沼田小

田野浦小

10人

須波小,南小,沼田東小

須波小

15人

田野浦小,幸崎小

深小

10人

中之町小

南小

0人

募集を行いません

沼田小

25人

西小,沼北小

沼北小

20人

沼田小,沼田東小,本郷小

沼田東小

20人

田野浦小,沼北小,沼田西小,小泉小,本郷小

沼田西小

10人

沼田東小,小泉小,本郷小,本郷西小

小泉小

20人

沼田東小,沼田西小,本郷西小

幸崎小

25人

須波小

本郷小

10人

沼北小,沼田東小,沼田西小,本郷西小

本郷西小

若干名

沼田西小,小泉小,本郷小,大和小

久井小

0人

募集を行いません

大和小

若干名

本郷西小,久井小

【中学校】

入学を希望する学校

定員

申請可能な対象者の就学学校

※通学区域が次の学校であれば左記の学校へ申請することができます。

第一中

20人

第二中

第二中

20人

第一中,第三中,宮浦中,久井中

第三中

30人

第二中,第四中,第五中,宮浦中

第四中

20人

第三中,幸崎中

第五中

30人

第三中,宮浦中,本郷中

幸崎中

25人

第四中

宮浦中

15人

第二中,第三中,第五中

本郷中

20人

第五中,大和中

久井中

若干名

第二中,大和中

大和中

5人

本郷中,久井中

4 申し込み書の提出と抽選

 隣接校を希望する保護者は「希望申請書」を教育委員会に提出してください。希望数が受入人数を超えた場合は,公開抽選を行います。

提出期間 令和2年10月15日(木曜日)~令和2年11月13日(金曜日) (土・日・祝日は除く8時30分~17時15分)

※申請書は学校教育課に据置もしくは学校教育課ホームページに掲載。

☆提出場所  学校教育課学校経営係(郵送可 消印有効)

☆結果通知  令和2年11月下旬頃に郵送でお知らせします。

☆抽選予定日 令和2年12月1日(火曜日)

(1) 詳細は対象者に郵送でお知らせします。

(2) 新型コロナウイルス感染症対策等により日程等の変更の可能性があります。

☆抽選者  保護者または委任状を持った代理人

5 辞退と繰り上げ当選

 特別な事情がある場合は,当選を辞退することができます。また,当選者の辞退により繰り上げ当選となることがあります。辞退届は三原市教育委員会へ来庁の上,提出してください。(郵送不可)
☆繰り上げ当選に係る辞退届の提出期限
令和2年12月28日(月曜日)まで
☆繰り上げ期限
令和3年1月6日(水曜日)まで
※上記期限経過後に当選者に転居等があったとしても繰り上げ当選することはありません。

6 注意事項

(1) 抽選によって希望がかなえられなかった場合及び辞退者は,就学学校(通学区域の学校)への就学となります。
(2) 新入学児童・生徒のみが対象となりますので,新入学児童・生徒が隣接校を選択した場合においてもその兄弟姉妹の就学学校が自動的に変更することはありません。(対象者の就学年度に改めて隣接校選択制度等の申請をしてください。)
(3) 兄弟姉妹が隣接校選択制度を利用している場合であっても,隣接校選択制度においては,優遇措置等ありません。
(4) 隣接校選択制度の申請期間後に転居の予定があるかつ隣接校選択制度の利用をご希望の方は,賃貸借契約書等の転居先の住所を証するものの提出をお願いします。
(5) 複数の隣接校への申請はできません。
(6) 国県私立学校との併願は可能です。
(7) 隣接校選択制度の受入人数等は学校規模及び通学区域内の児童生徒数等に応じて毎年度変更(教育委員会会議で決定)します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)