ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 危機管理監 > 危機管理課 > 津波ハザードマップ

本文

津波ハザードマップ

記事ID:0001490 更新日:2014年2月17日更新

三原市津波ハザードマップを作成しました。

 このことについて,広島県から平成25年3月に公表された南海トラフ巨大地震に伴う津波浸水想定図を活用し,
新たに「三原津波ハザードマップ」を作成しました。

三原市津波ハザードマップの概要

「三原市津波ハザードマップ」は津波による被害を最小限にとどめるため,浸水情報と住民の避難にかかわる警戒・避難情報をわかりやすく提供することを目的として作成しました。
 ハザードマップの地図面には津波による浸水想定区域(満潮時に堤防等が機能しない場合を想定)や浸水の深さ,公共施設の標高,避難に適した避難場所,都市公園等を記載するとともに,啓発情報面には津波災害に対する備え,津波の特徴,過去の教訓,避難方法等を記載しています。
 今後,市では地域単位の出前講座・説明会において「三原市津波避難対策ガイドライン」を活用しながら避難場所,避難経路等の協議を支援していく予定です。危機管理室にご相談下さい。

 津波ハザードマップ(地図面)
 津波ハザードマップ(啓発情報面)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)