ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 生活環境部 > 生活環境課 > 脱炭素社会推進補助事業について(令和3年度分の申請を受け付けています)

本文

脱炭素社会推進補助事業について(令和3年度分の申請を受け付けています)

記事ID:0121830 更新日:2021年7月26日更新

脱炭素社会推進補助事業について(令和3年度分の受付を開始しました)

 三原市では,環境保全に対する意識の高揚を図ることと,環境にやさしいまちづくりを推進するため,二酸化炭素排出量の削減効果が期待されるシステムを設置する者に対して,予算の範囲内で脱炭素社会推進事業補助金を交付します。

申請に関するお知らせ

 ・令和3年度の申請は,令和3年5月6日(木曜日)から受付を開始しました。
  

令和3年度申請状況
交付申請件数 期   間 件数 累計件数
5月 16件 16件
6月 7件 23件
7月1日~21日 7件 30件
残件数 12件

過去の補助件数 [PDFファイル/71KB]

申請受付期間

・令和3年5月6日(木曜日)~令和4年2月28日(月曜日)
(実績報告提出締切:3月31日(木曜日))
・受付時間は,8時30分~17時15分(土・日・祝日及び12月29日~1月3日を除く)時間厳守とします。
 ※時間外につきましては,受付できませんのであらかじめご了承ください。

受付方法

・窓口受付:生活環境課(市役所本庁3階)窓口で受付をします。
・郵送受付:消印に関係なく,受付開始日以降に生活環境課に届いた日に受付します。(書類に不備がある場合は受付できません)

補助金の対象となるシステム

 次のいずれかに該当するシステムで,未使用品であるもの。
 ・家庭用燃料電池システム
  燃料電池ユニット,貯湯ユニット等から構成される,電気と熱を供給することができる装置
 ・家庭用蓄電池システム
  住宅用太陽光発電システム(住宅の屋根等への設置に適し,太陽電池の最大出力が10キロワット未満のもの)に
 より発電された電気の余剰電力を蓄えておくことができる装置

補助金の交付対象者

次のすべての事項に該当する人が補助金交付の対象者です。
1 市内の住宅(新築・既築)に補助対象システムを設置する人(住宅または土地の所有者の同意を得て設置する人を含
 む)または補助対象システム付き住宅(建売・分譲マンション等)を購入する人
2 市税の滞納がない人
3 6年間以上継続して補助対象システムを使用する人
4 期限内(事業完了年月日(領収書の発行日か,竣工検査実施日のどちらか遅い方の日)から起算して30日を経過し
 た日,または補助金の交付決定を受けた日の属する年度の3月末まで)に補助対象システムを設置し,実績報告書を
 提出できる人
 ※補助は,1住宅につき1回とし,かつ1申請者当たり1回限りとします。

補助金額

上限7万円
※補助対象システム設置にかかった費用(工事費及び消費税を含む)から当該補助金以外の補助金額を差し引いた額
※両システムを併せて設置する場合は,それぞれの補助額を合計し,7万円を上限とします。

予算額

294万円(210万円+84万円)

提出書類

申請するとき

※新築・既築の場合は,補助対象システム設置工事着工の10日前までに必要書類を提出してください。
※補助対象システム付き住宅を購入する場合は,売買契約後,代金の支払い前(領収書の発行前)に必要書類を提出してください。

・三原市脱炭素社会推進事業補助金交付申請書(様式第1号)
・工事請負契約書の写し(補助対象システム付き住宅を購入する人は売買契約書の写し)
・見積書等,契約に補助対象システムが含まれることがわかる書類の写し(新築の場合のみ)
・補助対象経費の内訳が明記されている書類
・補助対象システム設置に関する金額の内訳(参考様式)
・補助対象システムの仕様等が分かる書類
・補助対象システムの設置場所を含む地図
・設置工事完了後の予定見取図
・補助対象システムの設置工事着工前の現況写真(補助対象システム付き住宅を購入する場合は,設置後の写真)
・太陽光発電システムの稼動状況が確認可能な写真(家庭用蓄電池システムを設置する場合で住宅用太陽光発電システム
 を既に設置している場合)
・市税の滞納がない証明書(様式第2号) 
 ※指定の様式2枚(補助金申請用,交付窓口控)を税制収納課(市役所本庁2階)か各支所地域振興課に持参し,市税
   の滞納がないことを証明する書類(補助金申請用)を1部受け取ってください。
  (様式は,ホームページからダウンロードするか,生活環境課,各支所の窓口に配置してあります。)
  ※ご本人以外の請求の場合は『委任状』を添付してください。
・委任状(参考様式)
・承諾書(様式第3号)(住宅または土地の所有者が,申請者と異なる場合のみ)
 【様式】
 ・三原市脱炭素社会推進事業補助金交付申請書(様式第1号) 
  申請書 [Wordファイル/19KB]申請書 [PDFファイル/148KB]記入例 [PDFファイル/183KB]
 ・市税の滞納がない証明書(様式第2号)
  証明書 [Wordファイル/37KB]証明書 [PDFファイル/118KB]記入例 [PDFファイル/126KB]
 ・承諾書(様式第3号)
  承諾書 [Wordファイル/15KB]承諾書 [PDFファイル/79KB]記入例 [PDFファイル/89KB]
 ・補助対象システム設置に関する金額の内訳(参考様式)
  内訳 [Wordファイル/18KB]内訳 [PDFファイル/116KB]記入例 [PDFファイル/125KB]
 ・委任状(参考様式)
  委任状 [Wordファイル/13KB]委任状 [PDFファイル/76KB]

事業を変更または中止するとき

・三原市脱炭素社会推進事業補助金事業計画変更承認申請書(様式第6号)
 ※補助対象システムの設置場所,製造事業者名,品名番号等の仕様が分かる書類等,変更があるものについて,必要書
 類を提出してください。
 【様式】
 ・三原市脱炭素社会推進事業補助金事業計画変更承認申請書(様式第6号)
   申請承認申請書 [Wordファイル/17KB]申請承認申請書 [PDFファイル/108KB]
  記入例 [PDFファイル/139KB]

補助対象システムの設置工事が完了したら

 事業完了年月日(領収書の発行日か,竣工検査実施日のどちらか遅い方の日)から起算して30日を経過した日,または補助金の交付決定を受けた日の属する年度の3月末日のいずれか早い日までに提出してください。
・三原市脱炭素社会推進事業補助金実績報告書(様式第7号) 
・補助対象経費が明記された領収書の写し
  ※ローン契約やクレジット契約による支払いの場合でも,必ず領収書の写しを提出してください。ローン契約の申込用
 紙,支払明細書,クレジット利用伝票等では,領収書の代わりにはなりません。
・補助対象システム設置に関する金額の内訳(参考様式)
・補助対象システムの設置状態を示す写真(補助対象システム付き住宅の場合は除く。)
・設置工事完了後の見取図
・補助対象システムの竣工検査の試験記録等の写し又は住宅用太陽光発電システムの稼働状況が確認可能な写真(家庭
 用蓄電池システムを設置する場合であって,住宅用太陽光発電システムを同時に設置したときに限る)
・当該補助金以外の補助の交付決定通知書の写し(当該補助金以外の補助の交付決定を受けた者に限る)
・補助対象システムが未使用品であることの証明書(様式第8号)(補助対象システム付き住宅を購入する場合に限る)
・住民票の写し
 ※ご本人以外の請求の場合は『委任状』を添付してください。
・委任状(参考様式)
 【様式】
 ・三原市脱炭素社会推進事業補助金実績報告書(様式第7号)
  実績報告書 [Wordファイル/15KB]実績報告書 [PDFファイル/148KB]
  記入例 [PDFファイル/179KB]
 ・補助対象システムが未使用品であることの証明書(様式第8号)
  未使用であることの証明書 [Wordファイル/15KB]未使用であることの証明書 [PDFファイル/85KB]
  記入例 [PDFファイル/93KB]
 ・補助対象システム設置に関する金額の内訳(参考様式)
  内訳 [PDFファイル/116KB]記入例 [PDFファイル/125KB]
 ・委任状(参考様式)
  委任状 [Wordファイル/13KB]委任状 [PDFファイル/76KB]

請求書

 三原市脱炭素社会推進事業補助金交付額確定通知書(様式第9号)を受けたときは,請求書(様式第10号)を提出してください。市で請求を受けた後,補助金を交付します。
 【様式】
 ・請求書
   請求書 [Wordファイル/20KB]請求書 [PDFファイル/98KB]記入例 [PDFファイル/120KB] 

定期報告書

 補助金を受けられた方に,家庭用燃料電池システムを設置した翌月から6年間,発生電力量,ガス使用量の報告をお願いしています。これは,補助を行うことにより得られる効果(二酸化炭素の排出がどれくらい削減できたか)の統計を取るためのものです。
 次の様式に必要事項を記入の上,ご提出をお願いします。
 【様式】
 ・定期報告書(家庭用燃料電池システム)
   定期報告書(1~6年目) [Wordファイル/66KB]定期報告書(1~6年目) [PDFファイル/247KB]
 ・定期報告書(家庭用蓄電池システム)
  定期報告書(1~6年目) [Wordファイル/65KB]定期報告書(1~6年目) [PDFファイル/233KB]

手引き

令和3年度三原市脱炭素社会推進事業補助金交付申請の手引き [PDFファイル/382KB]

Q&A

三原市脱炭素社会推進事業補助金Q&A [PDFファイル/196KB]

家庭用燃料電池システム(エネファーム)について

都市ガスやLpガスから水素を取り出し,空気中の酸素との化学反応で電気をつくります。そのときに発生する熱を利用してお湯をつくる設備です。化石燃料を燃やして発電する方法とは異なり,化学反応で発電するので,二酸化炭素排出量が少なく,地球に優しい発電システムです。

エネファームの流れ

三原市では,環境保全に対する意識の高揚を図ることと,環境にやさしいまちづくりを推進するため,二酸化炭素排出量の削減効果が期待される家庭用燃料電池システム(エネファーム)を設置する者に対して,予算の範囲内で家庭用燃料電池システム設置費補助金を交付します。

                                出展:一般社団法人 燃料電池普及促進協会

申請手続きの流れ

                           申請の流れ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


チャットボット