ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 経済部 > 商工振興課 > 食品ロスの削減に取り組みましょう

本文

食品ロスの削減に取り組みましょう

記事ID:0101299 更新日:2020年3月5日更新

 「食品ロス」とは,まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。
 日本では,年間2,759万トン(※)の食品廃棄物等が出されています。このうち,「食品ロス」は643万トン(※)にもなります。
 これは,食品ロスを国民一人当たりに換算すると"お茶腕約1杯分(約139g)の食べもの"が毎日捨てられていることになります。
 大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが必要です。

(※)農林水産省「食品ロス量(平成28年度推計値)の公表について」より

 日本で発生している「食品ロス」では,飲食店等における食べ残しによるものが多く発生しています。
 このような飲食店等における「食品ロス」の削減に向けて,食べきり運動や,自己責任を前提に食べ残し料理の持ち帰りを行いましょう。

食べきりの促進

 持ち帰る前に,消費者・飲食店それぞれの立場から,食べきりの取組を促進することにより,「食べ残し」の削減を進めましょう。

消費者の方へ

  飲食店等で食事をする時は
 ・出来たての最も美味しい状態で提供された料理を食べましょう。
 ・自分自身の食事の適正量を知り,食べきれると思う量を注文するようにしましょう。
 ・小盛りや小分けメニューを上手に活用しましょう。お店選びの際にも,こうしたメニューを設定しているお店を選ぶことを考慮しましょう。
 ・食べ放題のお店では,元を取るために無理をして皿に盛りつけることや,食べ残すことはやめましょう。

 残さず食べよう!3010(さんまるいちまる)運動にご協力ください!

 飲食店の方へ

 ・お客様の食べ残しは,廃棄することになり飲食店にとっても損失となるものです。食べきっていただくように料理を出すタイミングや,客層に応じた工夫をしましょう。
 ・お客様が,食事量の調整・選択ができるように,小盛りや小分けの商品をメニューに採用しましょう。
 ・宴会等,大量の食事を準備する際には,食べ残しが発生しないよう幹事と食事量やメニューを相談しましょう。
 ・宴会等において,お客が食べきったらサービス券を配付するなど,食べきることに意欲を持たせることも方法の一つです。

食べ残し料理の「持ち帰り」は自己責任の範囲で

 飲食店等で提供され,数時間,常温に置かれた食べ残し料理は,提供後すぐの状態の料理と比較し,食中毒リスクが高まります。食べ残し料理を持ち帰る場合は,食中毒リスクを十分に理解した上で,自己責任の範囲で行うようにしましょう。 

消費者の方へ

 ・持ち帰りは,刺身などの生ものや半生など加熱が不十分なものは避け,帰宅後に加熱が可能なものにし,食べきれる量を考えて行いましょう。
 ・自ら料理を詰める場合は,手を清潔に洗ってから,清潔な容器に,清潔な箸などを使って入れましょう。また,水分はできるだけ切り,早く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。
 ・料理は暖かい所に置かないようにしましょう。
 ・時間が経過することにより,食中毒のリスクが高まるので,寄り道をしないようにしましょう。また,帰宅までに時間がかかる場合は,持ち帰りはやめましょう。
 ・持ち帰った料理は帰宅後できるだけ早く食べるようにしましょう。
 ・中心部まで十分に再加熱してから食べましょう。
 ・少しでも怪しいと思ったら,口に入れないようにしましょう。

飲食店の方へ

 ・持ち帰りの希望者には,食中毒等のリスクや取扱方法等,衛生上の注意事項を十分に説明しましょう。
 ・持ち帰りには十分に加熱された食品を提供し,生ものや半生など加熱が不十分な料理は,希望者からの要望があっても応じないようにしましょう。
 ・清潔な容器に,清潔な箸などを使って入れましょう。水分はできるだけ切り,残った食品が早く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。
 ・外気温が高い時は持ち帰りを休止するか,保冷剤を提供しましょう。
 ・その他,料理の取り扱いについて注意書きを添えるなど,食中毒等の予防をするための工夫をしましょう。

外部リンク

 上記のほかにも,家での食品の保管方法を見直したり,商品棚手前の値引き商品などから購入する「てまえどり」を行うことで,「食品ロス」を削減することができます。
 日常生活の中で,ひとりひとりができることから「食品ロス」の削減に取り組みましょう。

政府広報オンライン(もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう)

消費者庁(食べもののムダをなくそうプロジェクト)

環境省(食品ロスの削減・食品廃棄物等の発生抑制)

農林水産省(食品ロス・食品リサイクル)

広島県(食品ロスの削減に向けた取組について)


チャットボット