ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 高齢者福祉課 > 認知症高齢者等メール配信事業

本文

認知症高齢者等メール配信事業

記事ID:0050765 更新日:2017年8月5日更新

認知症高齢者等徘徊Sos事業について


 高齢化の進展に伴い,団塊の世代が75歳を迎える2025年には65歳以上の4人に一人は認知症の人,またその予備軍となると言われています。
 認知症の人の増加とともに,徘徊による行方不明者も増えていくことが予測されます。三原市においても,認知症と思われる高齢者の行方不明事案が年間,数件ですが発生しています。行方不明が発生した時は,早期対応が必要です。
 三原市では,この認知症高齢者の行方不明に対応するために,三原市メール配信システムに,「徘徊Sos(行方不明高齢者情報)」の項目を追加し,7月10日から運用を開始しました。
 これは、ご家族等が三原警察署に捜索願を提出した後,警察署経由で依頼を受け,市から行方不明情報をメール配信するものです。
 

メール配信の流れ

 行方不明の発生
      ↓
 家族等が三原警察署に捜索願を提出
      ↓
 三原警察署より市高齢者福祉課にメール配信依頼あり
      ↓
 市高齢者福祉課から,登録者にメールで情報を配信する

※該当すると思われる方を見かけた際は,三原警察署に連絡をしてください。
※発見後は「○時○分無事保護されました」等のメールが配信されます。

メール配信システム登録方法

 1 登録用メールを送信する。アドレス:mihara@xpressmail.jp
      ↓
 2 その後送られてくる返信メールから登録画面を開く。
      ↓
 3 利用規約画面で同意確認する。
      ↓
 4 登録を希望する項目の「□」にチェックを入れる。
      ↓
 5 登録内容を確認する。
      ↓
     登録終了

※すでに徘徊Sos以外の項目を登録されている方は,項目を追加する必要があります。上記の登録方法で登録画面を開き、追加してください。


 認知症高齢者等徘徊に関するメールは,「三原市メール配信システム」で配信されます。このシステムには,徘徊Sos事業の他,防災・火災・災害の情報も希望される方に配信しています。
 この機会にメール配信システムにご登録ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)