ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農業委員会事務局 > 農業者年金について

本文

農業者年金について

記事ID:0003020 更新日:2018年4月1日更新

(1)農業者年金のメリット 〇80歳までの保証がついた年金
  ・終身の年金でありながら、80歳前に死亡された場合、死亡した翌月から80歳まで受け取れるはずだった農業者年金  が、死亡一時金として遺族に支給
 〇税制上の優遇措置
  ・支払った保険料は、全額が社会保険控除
  ・受け取る年金は、公的年金等控除の対象
  ・運営事務費は、補助金でまかない、保険料はすべて年金に充当
 〇年齢要件(65歳に到達すれば納付1ヶ月でも年金受け取りが可能)

(2)農業者年金の加入資格 
 〇年間、60日以上農業に従事
 〇国民年金の第1号被保険者(保険料免除を受けていない人)
 〇年齢60歳未満

(3)保険料 〇月2万円から6万7千円まで千円単位・月単位で増額・減額の見直しが可能
  (国民年金付加保険料が別に月4百円)
 〇農業の担い手(認定農業者など)は一定の条件を満たさねば保険料の割引(国庫補助)制度があります。

農業者年金の内容・加入手続きについては,お近くのJAまたは農業委員会までお問い合わせください。