ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 建設部 > 土木整備課 > トンネルを長持ちさせる計画

本文

トンネルを長持ちさせる計画

記事ID:0045088 更新日:2017年3月7日更新

 三原市が管理するトンネルについて,将来の維持補修に対応するため,「三原市のトンネルを長持ちさせる計画」を策定しました。
 トンネルの損傷が小さいうちに行う予防的な補修を計画的に行い,トンネルの長寿命化並びにトンネルの維持補修に係るコストの縮減と費用の平準化を図り,地域の道路網の安全性・信頼性を確保するものです。 

三原市のトンネルを長持ちさせる計画 [PDFファイル/797KB]

~ トンネルの点検結果について ~ 

 平成25年の道路法改正等を受け,平成26年7月より,道路管理者は,すべての橋梁,トンネル等について,5年に1度,近接目視で点検を行うことになりました。
 橋梁・トンネル等の健全性を4段階に区分し,点検結果を公表しています。

H28トンネル点検結果(H29.3.6現在) [PDFファイル/58KB]

区  分状   態
I健全構造物の機能に支障が生じていない状態
II予防保全段階構造物の機能に支障が生じていないが,予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態
III早期措置段階構造物の機能に支障が生じる可能性があり,早期に措置を講ずべき状態
IV緊急措置段階構造物の機能に支障が生じている,または生じる可能性が著しく高く,緊急に措置を講ずべき状態

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)