ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保険医療課 > 後期高齢者医療保険料のしくみ

本文

後期高齢者医療保険料のしくみ

記事ID:0074786 更新日:2020年4月1日更新

保険料の決め方と納め方

保険料の決め方(令和2・3年度)

均等割額
46,451円/年 
+   所得割額
  賦課標準額×所得割率(8.84%)
 = 一人あたりの
保険料 

 (注1)賦課標準額は,総所得額等から33万円を控除した金額です。
 (注2)保険料の最高限度額は64万円です。
 (注3)均等割額と所得割率は2年ごとに見直されます。

   保険料の試算は,広島県後期高齢者医療広域連合ホームページの
   保険料計算シミュレーションをご利用ください。
       広島県後期高齢者医療広域連合ホームページ

保険料の軽減(令和2年度)

(1)均等割額の軽減

  所得の低い世帯の被保険者は,均等割額が軽減されます。

 

世帯内の被保険者と世帯主の前年中所得の合計額 軽減後の均等割額
33万円以下の場合 下記以外の場合 7.75割軽減
10,451円/年
世帯内の被保険者全員の所得額(公的年金の所得は控除額を80万円として計算)が0円となる場合 7割軽減
13,935円/年
(33万円+28.5万円×被保険者数)以下の場合 5割軽減
23,225円/年
(33万円+52万円×被保険者数)以下の場合 2割軽減
37,160円/年

(2)制度加入直前に被用者保険の被扶養者だった人

  健保組合等(国保・国保組合は除く。)の被扶養者の人が後期高齢者医療制度に加入した場合、2年を経過する月までは均等割額が5割軽減され23,225円(年額)になり,所得割額の負担はありません。
 (※)被用者保険の被扶養者に該当する人で,保険料が軽減されていない場合は,手続きが必要ですので,お問い合わせください。

保険料の納め方

  保険料は,被保険者一人ごとに計算され,原則として年金から天引きされます。
  ただし,次の人は納付書や口座振替で個別に納めます。納期は7月から翌年2月までの年8回です。
 ・介護保険料が年金天引きされていない人
 ・後期高齢者医療保険料と介護保険料との合算額が年金受給額の2分の1を超える人
 ・75歳になったばかりの人や他市区町村から引越ししたばかりの人

 保険料のお支払いが年金天引きとなる人でも,申請により口座からのお支払いに変更することができます。

 口座からのお支払いに変更を希望される人は

   税制収納課・各支所地域振興課へ申請書等の提出が必要です!!
   ※ 口座からの支払い開始月は,申出の時期により異なります。
   ※ 所得税等の社会保険料控除は,支払口座名義人に適用されます。