ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保険医療課 > 新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

本文

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

記事ID:0104081 更新日:2020年5月20日更新

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について

 三原市国民健康保険または広島県後期高齢者医療の加入者で,新型コロナウイルス感染症に感染した場合,または,発熱等の症状があり感染が疑われた場合に,その療養のために働くことができなくなった被雇用者(給与等の収入のある人)へ傷病手当金を支給します。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から接触機会を減らすため,郵送での申請をお願いしています。
 申請手続きをされる場合は、必ず事前に電話でお問い合わせください。
 申請書はこのページからダウンロードしていただくか,希望される場合は郵送します。

対象者

  ・息苦しさ(呼吸困難),強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合。

  ・重症化しやすい人で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。

    重症化しやすい人とは
      高齢者,糖尿病,心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある人や
      透析を受けている人,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人

  ・発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。

 

傷病手当金の対象となる日数

 労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち,就労を予定していた日。
 ※有給休暇など,給与の支払いを受けて休んだ日は,対象となりません。

期間

 令和2年1月1日~9月30日の間で療養のため労務に服することができない期間
 (入院が継続する場合等は最長1年6月まで)

支給額

(労務に服することができなくなった月以前の直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷就労日数)×2/3×日数

※給与等の一部または全部を受けることができる場合は,支給額が調整されたり,支給されない場合があります。

〔例〕直近3か月間の収入の合計が270,000円の方が10日間休まれた場合(直近3か月間の就労日数を27日と仮定した場合)

     270,000円/27日 × 2/3 × (10日間 - 3日間) = 46,669円

     ※ 計算過程で生じる端数については四捨五入します。

申請書

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から接触機会を減らすために,申請書をダウンロードし,記入例を参考に必要事項を記載のうえ,郵送での申請をお願いします。

国民健康保険
申請書1 傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)[PDFファイル/37KB]
申請書2 申請書(被保険者記入用)[PDFファイル/35KB]
申請書3 申請書(事業主記入用)[PDFファイル/42KB]
申請書4 申請書(医療機関記入用)[PDFファイル/31KB]
  記入例 [PDFファイル/120KB]
後期高齢者医療
申請書1 傷病手当金支給申請書(1)(被保険者記入用) [PDFファイル/67KB]
申請書2 申請書(2)(被保険者記入用) [PDFファイル/39KB]
申請書3 申請書(3)(事業主記入用) [PDFファイル/47KB]
申請書4 申請書(4)(医療機関記入用) [PDFファイル/35KB]
  記入例 [PDFファイル/169KB]

 窓口で申請される場合は被保険者証,印鑑,通帳を持参してください。

 「申請書3」は事業所へ作成を依頼してください。
 帰国者・接触者外来を受診した場合には、医療機関において、「申請書4」に必要事項を記載していただくこととなります。
 帰国者・接触者外来を受診していない場合,「申請書4」の提出は不要ですが,その場合,事業所において,「申請書2」の記載内容(休養期間等)を確認していただき「事業主記入欄」に事業主の証明が必要です。

申請・お問い合わせ先

〒723-8601 広島県三原市港町三丁目5番1号 三原市保険医療課

  国民健康保険  電話番号 0848-67-6050
  後期高齢者医療 電話番号 0848-67-6056

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)