ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保健福祉課 > 日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)に注意しましょう

本文

日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)に注意しましょう

記事ID:0003463 更新日:2014年2月17日更新

日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)に注意しましょう!

 日本紅斑熱はマダニ類に刺されることで感染する疾患で,県内では主に4月~10月に患者が発生しています。
 野山でレジャー,畑仕事,山仕事をしてしばらく後,次のような症状が出たら,それは日本紅斑熱かもしれません。
 早期に適切な治療を行えば経過は良好ですが,遅れると重症化することがあるので,早くに医療機関を受診しましょう。その際,発症前に野山に立ち入ったことを伝えましょう。
【症状】
 頭痛,寒気。関節痛,身体のだるさ,高熱,かゆみや痛みを伴わない紅色の発疹(米粒~小豆大)
【どのようにして感染するのか】
 病原リケッチアを持ったマダニに刺咬されることで感染します。なお,人から人への感染はありません。
【予防方法】
 ダニの刺咬を防ぐことが重要です。
・ ダニの付着を防ぐため,長袖・長ズボン・手袋・長靴などを着用し,皮膚の露出を少なくする。
・ 肌が出る部分には防虫スプレーを使用する。
・ 地面に直接寝転んだり,腰を下ろしたりしないよう敷物をする。
・ 作業後はしっかり体や服をはたき,帰宅後はすぐに入浴して服を着替える。付着したダニを落とした衣服は洗濯する。

関連リンク

 詳しくは,以下をご参照ください。
  ○広島県のホームページはこちら →  マダニ類の活動が盛んな季節です!「日本紅斑熱」に気を付けましょう!


チャットボット