ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保健福祉課 > 若者の発達相談

本文

若者の発達相談

記事ID:0103230 更新日:2021年4月27日更新

 生活や仕事など日常の様々な場面で,努力や心がけではどうしようもなく,困難さや生きづらさを感じている方の相談に応じます。
 ご本人やご家族の困りごとを整理し,支援の方向性を一緒に考える場としてご利用ください。必要な場合は,関係機関の紹介等をします。

困りごとの例

・スケジュール管理ができず,学習が進められない。レポート提出に間に合わない。
・先生や学生とのコミュニケーションがうまくいかない。
・整理整頓ができず,忘れ物が多い。
・予測できないことがあると対応できない。
・自分の興味があることについては非常に精通しているが,日常生活には無頓着な様子がある。
・一度に複数の説明や指示を出すと混乱してしまう。
・就労に対する意欲はあるが,職を転々としている。

対象者

15歳~29歳で上記のような困りごとがある方とその家族

相談の受け方

事前に保健福祉課へ予約
電話0848-67-6359 Fax0848-67-5934

相談日・時間

第1木曜日・第3水曜日
※日程が変更になる場合があります。

定員

各2名

場所

三原市役所2階 保健福祉課

担当

保健師・臨床心理士

 

社会参加型体験事業

 この事業は,苦手なことがあるために生きづらさを持つ方が,特性に応じた社会参加を通じて自己肯定感を高め,より良く生活していただくお手伝いをするものです。
 例えば「学校に行きたいけれど,自信が持てない方」「仕事が長続きしない方」「周りについていけず,つらい思いをする方」などを対象とし,半年間のプログラムを実施します。

対象年齢

 15歳から39歳まで

活動内容

 集団活動・面接の練習・企業や学校の見学・実習・随時の個別面談
 などを,参加者の状態に合わせて実施します。

その他

次のことを希望される人・団体・企業の方は,是非ご連絡ください。
・職員研修への講師派遣などを行います。
・普及啓発のための講演会などを実施します。
・関係機関との連携をします。

関連リンク

 広島県発達障害者支援センター


チャットボット