ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 財務部 > 資産税課 > 平成30年7月豪雨の被災者に対する固定資産税・都市計画税の特例について

本文

平成30年7月豪雨の被災者に対する固定資産税・都市計画税の特例について

記事ID:0079509 更新日:2019年12月1日更新

 この度の「平成30年7月豪雨災害」により被害を受けられた方を対象として,土地・家屋並びに償却資産に対する次の特例があります。
1及び2については,特例の要件に該当するか調査する必要がありますので,事前に資産税課にご連絡ください。
については,令和2年1月31日までに償却資産申告書に固定資産税(償却資産)課税標準の特例適用申請書その他必要な書類を添付して提出してください。

1 被災代替家屋の特例

  豪雨災害により滅失又は損壊した家屋(被災家屋)の所有者等が,被災区域内において,令和5年3月31日までに,被災家屋に代わる家屋を新たに取得した場合又は被災家屋を改築(※)した場合には,当該取得又は改築した家屋(被災代替家屋)の税額のうち被災家屋の床面積相当分について,その取得又は改築した年の翌年から4年度分につき,固定資産税・都市計画税を2分の1に減額します。
(※) 改築とは,被災した部分を取り壊し,補完部分を再構築(増築)するものであり,修理は改築にはあたりません。 

2 被災住宅用地の特例

  豪雨災害により滅失した住宅の敷地の用に供されていた土地(被災住宅用地)について,被災年度の翌年度,翌々年度まで被災住宅用地を住宅用地とみなし,住宅用地の課税標準特例を適用します。

3 被災代替償却資産の特例

  豪雨災害により滅失又は損壊した償却資産(被災償却資産)の所有者等が,被災区域内において,令和5年3月31日までに,被災償却資産に代わる償却資産を新たに取得した場合又は被災償却資産を改良した場合には,当該取得又は改良した償却資産の固定資産税の課税標準を,その取得又は改良した年の翌年から4年度分につき,2分の1とします。

  平成30年7月豪雨に係る被災代替償却資産特例申告書 [PDFファイル/186KB]
  平成30年7月豪雨に係る被災代替償却資産特例申告書(記載例) [PDFファイル/224KB]
  平成30年7月豪雨に係る代替償却資産対照表 [PDFファイル/201KB]
  平成30年7月豪雨に係る代替償却資産対照表(記載例) [PDFファイル/214KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)