ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 秘書課 > 三原市名誉市民 村田兆治

本文

三原市名誉市民 村田兆治

記事ID:0003364 更新日:2022年11月11日更新

村田 兆治(むらた ちょうじ)

村田兆治

平成6年10月11日顕彰

 昭和24年生まれ、昭和43年3月、東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリンズ)に入団するや、1年目で初完投・初勝利を飾って以後、独特の「マサカリ投法」で最優秀選手賞、奪三振王、MVPなどを受賞し、輝かしい活躍をされた。
 昭和57年、右腕ヒジの故障で一旦現役を終え、渡米治療の後、2年(818日)ぶりに一軍登録、1073日ぶりに勝利投手となる。カムバック後は「サンデー兆治」の異名をとり、自分の限界に挑戦し続ける姿を通じ、広く社会の模範となることから、東京都都民文化栄誉賞を受賞される。
 現在は、野球評論家としてテレビ・ラジオでの解説や、全国各地での講演、野球教室の開催などのほか、野球を通して離島の人々とふれあい、島おこしにも貢献され、広く社会文化の振興に寄与されており、郷土の誇りである。
​ 令和4年11月、72歳で逝去される。

栄典事項
日本プロ野球200勝名球会入り、東京都都民文化栄誉賞、野球殿堂入り
 
主な略歴
昭和43年 東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリンズ)に入団
昭和49年 最優秀選手賞受賞
平成元年 200勝達成「昭和名球会」入り
平成 2年 40歳で引退し、野球評論家へ
平成17年 野球殿堂入り

チャットボット