ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 経営企画部 > 大和支所 > インクルーシブ遊具が令和4年10月1日からご利用いただけます

本文

インクルーシブ遊具が令和4年10月1日からご利用いただけます

記事ID:0147479 更新日:2022年9月29日更新

事業目的

三原市では,このたび大和支所南側の大和文化公園内の広場に,障害等の有無にかかわらず誰もが一緒に遊べる「インクルーシブ遊具」を設置しました。この事業は,すべての子どもが安心して遊ぶことができ,保護者同士が交流できる場所を整備することにより,子育て世代が定住しやすい環境を生み出すことを目的とするものです。

広場の愛称を募集しました

遊具の設置にあたり,これから利用者のみなさまに大切に使ってもらいたいと考え,遊具を設置する広場の愛称を地域の子どもたちに募集しました。たくさんの応募の中から選定した結果,愛称は「にじいろひろば」に決定しました。

 にじいろひろば

遊具の設置が完了しました

 
にじいろひろば全景
遊具全景1 遊具全景2
複合遊具 ブランコ
複合遊具 ブランコ
テーブル・椅子 案内表示板
テーブル・椅子 案内表示板
フェンス  
防護柵  

利用開始日

令和4年10月1日 土曜日からご利用できます。

助成を受けて整備しました

この遊具は,社会貢献広報事業として,一般財団法人自治総合センターの助成を受け整備しました。

宝くじ クーちゃん


チャットボット