ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書広報課 > パブリックコメント(市民意見公募)手続制度

パブリックコメント(市民意見公募)手続制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月10日更新

パブリックコメント(市民意見公募)手続制度とは

  パブリックコメント(市民意見公募)手続制度とは、市が基本的かつ重要な政策等を立案する過程において、その趣旨、目的、内容等を市民に公表し、それに対して意見を求め、提出された意見を踏まえて意思決定をするとともに、意見に対する市の考え方を公表する一連の手続きをいいます。
 この制度は、市政運営における公正・透明性の向上を図るとともに、市民の市政への参画を促進し、市民協働のまちづくりを進めることを目的としています。

平成30年度実施のパブリックコメント

 リンクをクリックするとパブリックコメントの実施状況や結果を確認することができます。

意見を募集する計画計画の概要意見の提出期限実施結果の公表日担当課
公共施設類型別実施計画
(社会教育系施設ほか6類型)
老朽化した公共施設の改修・建て替え費用が将来の負担とならないよう、施設の見直しについて定めるもの平成30年5月31日まで経営企画課
汚水処理施設整備計画(案)今後10年程度で計画的に汚水処理施設を整備するため、整備区域の見直しや目標数値などについて定めるもの平成30年5月31日まで下水道整備課
第2次環境基本計画(案)環境の保全・創造に関する施策を総合的・計画的に推進するための計画平成30年4月27日まで(募集終了)生活環境課
都市計画マスタープラン(案)めざすべきまちの将来像を明らかにし、総合的・体系的にまちづくりを進めるために定める計画平成30年4月27日まで(募集終了)都市開発課

 ※過去に実施したパブリックコメントは、こちらから見ることができます。→過去に実施したパブリックコメント一覧

パブリックコメント(市民意見公募)の対象

  市の主要な計画等の策定や見直し、市の基本的な制度を定める条例等の制定や改廃を対象としています。緊急を要するものや、他の法令でパブリックコメントと同様の手続きが定められている場合などは除きます。

意見提出ができる人

(1)市内に住所を有する人
(2)市内の事務所または事業所に勤務する人
(3)市内の学校に在学する人
(4)市内に事務所または事業所を有する個人及び法人その他の団体
(5)市に対して納税義務を有するもの
(6)パブリックコメントに係る事案に利害関係を有する人

 公表方法及び期間

 パブリックコメントの実施は、市ホームページなどでお知らせします。
 公表は原則として次の方法で行い、公表する期間は概ね1か月とします。
  (1)担当課等での閲覧または配布
  (2)情報公開コーナーでの閲覧または配布
  (3)三原市ホームページへの掲載
  (4)広報みはらへの掲載(概要のみ)

意見の提出方法

  原則として、担当窓口への書面による提出、郵便、電子メール、ファクシミリで行います。(電話での意見の受け付けは行いません。)

 意見及び市の考え方等の公表

提出された意見とこれに対する市の考え方を公表します。
 ※提出された意見に対する個別回答は行いません。

手続きの主な流れ

市の基本的かつ重要な政策等の立案

矢印

政策等の素案の公表(作成した趣旨・目的・内容など必要な資料の公表に可能な限り努めます。)
 【公表の方法】
  (1)担当課等での閲覧または配布
  (2)情報公開コーナーでの閲覧または配布
  (3)三原市ホームページへの掲載
  (4)広報みはらへの掲載(概要のみ)

やじるし

意見の募集(意見の提出期限は概ね1か月を目安)
 【意見の提出方法】
  (1)担当課等窓口への書面による提出
  (2)郵便
  (3)Fax
  (4)電子メール

やじるし

提出された意見の考慮、最終的な意思決定 計画等の素案に反映できる意見→素案の修正

やじるし

議会の議決(最終的に意思決定された案で議会の議決を要するもの)

やじるし

結果の公表※提出された意見と、これに対する市の考え方、修正の内容及び理由を公表します。
(意見提出者への個別の回答は行いません。)

添付資料

三原市パブリックコメント手続実施要綱(PDF 9KB)

三原市パブリックコメント手続実施要綱 逐条解説(PDF 54KB)