ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 商工振興課 > 計量器の検査について

計量器の検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月14日更新

平成29年度の三原市内での定期検査は終了しました。
 商店,工場,小口貨物取扱,学校,病院,薬局及び野菜・果物出荷などで,取引または証明にはかりを使用される方は,必ず検査を受けてください。

検査の日時及び場所

特定計量器の定期検査

 検定証印や基準適合証印のついた正確なはかりも,使用しているうちに誤差が生じる場合があります。そこで,商店や病院などで取引や証明に使用されているはかりは,2年に1度,法定の定期検査を受けることが義務付けられています。
 この定期検査は,主に都道府県,特定市等が行いますが,国家資格を持った計量士も行っています。検査に合格したはかりには合格した年月と次回検査年が表示された「定期検査済合格ステッカー」が貼られます。このステッカーが貼られていないはかりや「次回検査年」に達しているのに定期検査を受けていないはかりは,取引や証明に使用できません。

簡単なはかりや量目のチェックポイント

  • 「はかり」に定期検査済合格ステッカーが貼ってあるか。
  • 「はかり」の表題部や指針がゼロを示しているか。
  • 袋,トレイなどの風袋を差し引いて計っているか。
  • 買い物の後,再計量して確認してみましょう。

リンク

広島県計量協会
 

問い合わせ先

三原市経済部商工振興課
Tel:0848-67-6072
Fax:0848-64-4103