ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 危機管理監 > 危機管理課 > 三原市標高マップ

本文

三原市標高マップ

記事ID:0001285 更新日:2014年2月17日更新

津波避難対策用の「標高マップ」について

このたび,津波避難対策に活用することを目的に,三原市沿岸部の地盤高を平面図化した標高マップを作成しました。

作成の経緯

    東日本大震災を受け,内閣府に設置された「南海トラフの巨大地震モデル検討会」において,南海トラフ地震で想定すべき最大クラスの地震・津波の調査検討が行われ,平成24年8月末に沿岸各地の津波高等が公表されました。三原市の津波高は最大3メートル(標高)と想定され,沿岸地域での津波対策が求められています。
 このような背景を踏まえ,津波対策の中心となる避難対策の検討資料として三原市標高マップの作成を行いました。

三原市標高マップ

※地図の上の数字をクリックするとPDFファイルで地域の標高マップをご覧いただけます。

三原市の地図

この標高マップは,国(国土地理院)において,三原市を含む瀬戸内海沿岸陸域の標高測量が行われ,平成24年11月に完成した高精度標高データを用いています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)