ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保健福祉課 > 風しんの抗体検査・予防接種について

本文

風しんの抗体検査・予防接種について

記事ID:0073765 更新日:2019年7月4日更新

風しんの抗体検査・予防接種費用補助について

 妊娠を希望する方への予防接種費用補助についてはこちら→ちらし [PDFファイル/150KB]

概要

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。
 しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

 そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券をお届けします。

 対象者には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない人は、定期接種の対象となります。

対象者

1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性

クーポン券について

 対象者の人へは、令和元年7月4日にクーポン券を郵送します。
 なお、平成31年度は1972年(昭和47年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性にクーポン券を送付します。(※ 事業開始当初の医療機関及び健診機関の混乱を避けるため、対象年齢を区切った段階的なクーポン券の送付を予定しています。あらかじめご了承ください。)
 今年度、クーポン券の送付対象となっていない方(1962年(昭和37年)4月2日~1972年(昭和47年)4月1日生まれ)が抗体検査と予防接種を受けるには、あらかじめクーポン券の交付手続きをしていただく必要があります。手続きの  方法は、保健福祉課の窓口に来られるか,電話でお問い合わせください。
 このクーポン券は、抗体検査と予防接種の両方に必要ですので、紛失に留意してください。

 転入等でクーポン券が届いていない人は、お問い合わせください。

接種料金

 接種料金は、抗体検査および予防接種ともに無料です。
 ※医療機関へクーポン券をご持参ください。

接種期間

 今年度の接種期間は、クーポン券の到着から令和2年3月31日までです。
 ※事前に医療機関へ電話等でご予約ください。

接種に必要なもの

  • クーポン券
  • 運転免許証等の現住所が確認できるもの

    接種時の注意点

     多くの医療機関では、ワクチンの在庫の都合等があるため、事前に電話予約等で申し込んでください。

    接種できる医療機関

     全国の協力医療機関で接種できます。
     詳細は、次のリンク先をご覧ください。

     風疹の追加的対策について(厚労省)

    その他リンク先

     広島県感染症疾病管理センター
  • Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


    チャットボット