ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 教育委員会教育部 > 第一中学校 > 健康と環境ーごみ処理ー

本文

健康と環境ーごみ処理ー

記事ID:0132216 更新日:2021年10月12日更新

健康と環境-ごみの処理ー(保健体育研究授業より)

【個人の取組みが大切だと分かりました。】

10月5日(金曜日)に保健の研究授業がありました。

『健康と環境―ごみの処理―』について意見を交流しながら,ごみの処理の必要性や分別の意味などを探っていく内容でした。「お家のお手伝いでごみ捨てに行ったことがある人!」と先生に聞かれ,クラスのほとんどの人が手を挙げていました。お手伝いをたくさんの人がしているのだなと感心しました。しかし,プリントに提示されたものがごみになった場合,分別するという作業には,みんな頭を悩ませていました。自治体ごとにごみの収集の仕方には多少の違いがあるとは思いますが,私たちのちょっとした努力で,環境に優しい暮らしができるかもしれません。この授業をきっかけに,ごみに対する意識が変わると良いなと感じました。その様子を紹介します。

授業の様子1

授業の様子2

授業の様子3

授業の様子4

授業の様子5

板書

今回の発表で,たくさん学ぶことがあったと思います。最後に,生徒の感想を紹介します。

一人一人がごみの分別をしっかりすることによってごみの処理をする人が楽になるし,ごみの量も減って環境汚染も進みにくくなるため,続けていけたらいいなと思った。

〇分かったことは,工夫をして捨てられるようにすることと,環境もよくなるということが分かりました。

〇ごみを分別することで,環境汚染を防ぐことができることが分かりました。

〇リデュース,リユース,リサイクルは個人の取組みが大切だと分かりました。

〇今日の授業のごみの分別は,自分でもすごく身近なことなので3Rのリユース,リデュース,リサイクルを大切にしていきたいです。

 

 

 

 


チャットボット