ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 平成30年7月豪雨に関するお知らせ > 平成30年7月広島県豪雨災害義援金を配分します

本文

平成30年7月広島県豪雨災害義援金を配分します

記事ID:0075071 更新日:2022年10月7日更新

平成30年7月広島県豪雨災害義援金第7次(最終)分を配分します

 日本赤十字社広島県支部等に寄せられた義援金の配分が,平成30年7月広島県豪雨災害義援金配分委員会にて決定され,三原市に配分されました。

  これを受け,本市の第7次配分額を決定しましたので,お知らせします。

世帯と配分金額

配分対象者・世帯 死亡・
行方不明者

重傷者

全壊世帯

大規模半壊・

半壊世帯

床上浸水
世帯
申請者(受取人) 支給順位が
最も高い方
※1

災害に起因
する傷病で
1か月以上の
治療を要する方

世帯主 世帯主 世帯主
7次配分 130,600円 65,300円

130,600円

65,300円 13,060円

※1 死亡された方のご遺族に対する義援金の配分は,「災害弔慰金」制度に定められた遺族の範囲・順位に応じます。
※ 人的被害と住家被害の両方を受けた場合は,それぞれ配分します。

対象

 平成30年7月の豪雨災害で床上浸水以上の被害を受け, 第6次配分までの災害義援金を受け取られた世帯主

振込日

令和4年10月12日(水)からお届けいただいた口座に順次振り込みます。

なお,振込の通知は行いませんので,通帳記入により確認してください。

今後の配分について

義援金の受付期間が令和4年6月30日で終了しているため,今回の第7次配分が最後の配分となります。


住宅
医療・健康
子育て・学校・幼稚園
ボランティア・義援金
被害状況
チャットボット