ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症についての情報 > 「三原市緊急事態対策」期間を6月20日(日曜日)まで延長します(市長メッセージを追加)

本文

「三原市緊急事態対策」期間を6月20日(日曜日)まで延長します(市長メッセージを追加)

記事ID:0123711 更新日:2021年5月31日更新
 三原市の感染者(5月27日現在)は,30代以下が約半数を占めており,中でも20代が最も多い状況です。しかし5月8日から「新型コロナ感染拡大防止集中対策」に取り組んだことから,全体の感染者数は減少傾向にあり,対策開始時の「ステージ4 爆発的感染」から現在は「ステージ2 感染者増加」になりました。

 しかし, 広島県の感染状況は「ステージ4」にあり,依然として高い水準にあることから,5月28日に「緊急事態宣言の期間延長」が決定され,国の緊急事態措置の期間と広島県の集中対策期間が6月20日まで延長されることになりました。これらのことから,三原市は,感染の再拡大を防ぐため,三原市緊急事態対策期間を延長して取り組みます。

 市民の皆さまは,引き続き,感染防止対策の徹底に取り組んでいただくようお願いします。

三原市緊急事態対策期間 6月20日(日曜日)まで

対策の内容


1 市主催イベントなどは「中止」または「延期」します

2 市の公共施設の貸館休止・臨時休館します。屋外施設使用についても自粛要請します

  各公共施設の対応一覧(6月1日更新) [PDFファイル/159KB]

  各公共施設の対応一覧(6月1日更新) [Excelファイル/24KB]

  ※新型コロナウイルスの感染拡大防止にかかる貸館休止や臨時休館などを理由に,施設の使用をキャンセルした団体などの使用料を全額還付します。還付は各施設の窓口で行います。


3 地域での会合・イベント等は中止または延期を要請します

4 市民・事業者の皆さまへの5つのお願い

   市民・事業所の皆さまは,次の5つのことを徹底してください。

(1) 生活必需品の買い物を含め,週末・平日に関わらず,外出は半分にする

  ・日常生活上必要な買い物などを含めて,外出は半分にし,接触機会の8割削減を目標にする
 ・外出している時間もできるだけ短くする
 ・外出する場合は,必ずマスクを着用し,可能な限り人と人との接触を避ける
 ・20時以降の外出は控える
 ・やむを得ず,外出する時は,人と人との間隔を2メートル以上とる
 ・徒歩・自動車通勤,時差出勤などで,通勤時の接触を減らす

(2) 職場での感染予防対策を徹底する

 ・昼食・喫煙所・更衣室など休憩時間も気を緩めることなく感染防止対策を行う
 
・部屋に出入りするたびに手指消毒を徹底する
 ・換気を徹底する
  ・ウェブ会議やテレワークの活用により,事務所や事業所ごとの出勤者の割合を7割削減することを目標とし,
  分散勤務を含め,執務室内の定員を7割削減する
  ・20時以降の勤務を抑制する
  ・感染症対策担当者の選任や,「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」の周知徹底,産業保健職を活用する

(3) 同居家族以外との食事はしない

  ・同居する家族以外での食事を控える
 
・路上・公園等における集団での飲酒などは控える

(4) 県内含め,他地域に行かない,呼ばない

  ・特に,県境を越えた,移動は最大限の自粛を
 ※通勤・通学・医療機関の受診や介護を制限するものではありません。

(5) 軽い風邪症状でも早期に受診する

  ・鼻づまりや喉の痛みなど,普段なら病院に行こうと思わないような軽い風邪症状でも,外出を控え,すぐにかかりつけ医か,広島県積極ガードダイヤル【電話番号082-513-2567(24時間対応)】に相談する
 ・本人及び家族が検査を受けた場合,結果が判明するまでは,自宅で待機する

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


チャットボット