ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境管理課 > 家庭ごみに関する助成制度

家庭ごみに関する助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月1日更新

家庭ごみに関する助成制度

各種助成制度 ~ごみの減量・リサイクルを支援します~

項 目

概     要

対 象 者

生ごみ減量対策協力者報償金

市内の指定取扱店で購入した場合、購入価格の2分の1以内の額を補助します。
【限度額】
生ごみ処理容器                      3,000円(1世帯2基まで) 
電動式生ごみ処理機(バイオ式・乾燥式)      20,000円(1世帯1基のみ)

市内の登録販売店で購入した人

資源集団回収事業奨励金

年3回以上新聞・雑誌・ダンボール・雑がみ・アルミ缶・布類を回収し、市内の資源回収業者に売却した場合、1kg当たり7円の金額を助成します。(平成26年10月実施分から)また、年3回以上実施し、かつ、前年度の回収量を上回った場合、5,000を別に交付します。

町内会、子ども会、老人クラブなどの団体

古紙等資源集団回収用保管庫設置等補助制度

古紙等(上記奨励金対象品目)を一時的に保管するための保管庫を設置、修繕、改造する資源集団回収団体に対して補助金を交付します。

【補助額】   設置、修繕、改造費(消費税を含む)の2分の1以内
 ただし、限度額10万円、千円未満切り捨て
【交付回数】 1登録団体につき年度内1回
【要件】
 ・登録団体が維持管理すること
 ・補助金交付後5年間は、資源集団回収を継続すること
 ・保管庫設置等の際、土地所有者もしくは土地管理者から設置に係る承諾書を得ること                                                    など

町内会、子ども会、老人クラブなどの団体

ごみステーションボックス設置費
補助制度

廃棄物集積所設備(ごみステーションボックス)を市の指定する方法で設置した場合、実費の4分の3以内の額を補助します。

町内会など地域住民団体