ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 危機管理課 > 弾道ミサイル発射時における行動及び情報伝達について

弾道ミサイル発射時における行動及び情報伝達について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月5日更新
 内閣府及び消防庁から弾道ミサイル落下時の行動について、注意喚起がありました。情報伝達の流れや注意点等について、内閣府の国民保護ポータルサイトに掲載されておりますので、お知らせします。

 弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

 弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A

※Jアラートとは、弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)や緊急速報メール、コミュニティFM等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

【弾道ミサイル落下時の行動およびQ&Aについて】

 弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

 【武力攻撃やテロなどから身を守るために】

武力攻撃やテロなどから身を守るために~避難にあたっての注意点などをまとめました~(内閣府国民保護ポータルサイト)