ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 生活環境課 > レジオネラ症の集団発生について

レジオネラ症の集団発生について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

 レジオネラ症の集団発生について

  3月18日以降,複数の医療機関から県内の保健所に対し,レジオネラ症患者発生の届出があり,調査の結果,いずれの患者も3月初旬から中旬にかけて「みはらし温泉(日帰り専用)」を利用していたことが判明しました。
  当該施設については,3月21日から営業を自粛されていますが,自粛前(3月20日)までに当該施設を利用された方は,レジオネラ症を発症する可能性があることから,広く注意喚起するものです。 

※併設の「みはらし温泉夢の宿」の入浴施設のみを利用された方については,現在までに患者発生の届出はありません。

詳しくは→レジオネラ症の集団発生について(広島県ホームページ)

公衆浴場法に基づく処分(営業停止命令)について

 三原市内の入浴施設を利用したレジオネラ症患者の菌と当該施設から検出された菌との遺伝子検査の結果,遺伝子パターンが一致したことが判明しました。
 これを受けて,市は当該施設をレジオネラ症患者発生の原因施設と特定し,公衆浴場の許可を受けている営業者に対し,公衆浴場法に基づく営業停止命令を行いました。

公衆浴場法に基づく処分(営業停止命令)について(報道資料)

入浴施設におけるレジオネラ症防止について

 広島県がレジオネラ症の防止対策に関するホームページを作成されているので,参考にしてください。

入浴施設におけるレジオネラ症防止対策について(広島県ホームページ)