ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 母子・父子・寡婦福祉資金の貸付制度について

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

ひとり家庭の生活の安定と、その児童の福祉を図るために、各種資金(下の表のとおり)を
無利子または低利(年1.0%)で貸し付ける制度があります。詳しくは、子育て支援課へ。

対象

次のいずれかに該当する人

(1)20歳未満の児童を扶養するひとり親家庭の親
(2)父母のいない20歳未満の児童
(3)寡婦

一覧表

種類資金の内容貸付限度額
事業開始資金事業を開始するのに必要な設備費など2,830,000円
事業継続資金事業を継続、拡張するための資金1,420,000円
修学資金修学の際に必要な授業料など学校区分により異なります
技能習得資金親が知識技能を習得するための資金月額68,000円
修業資金子が知識技能を習得するための資金月額68,000円
就職支度資金就職のための資金100,000円
医療介護資金医療または介護を受けるための資金医療 340,000円
介護 500,000円
生活資金生活維持のための資金

月額103,000円
から141,000円

住宅資金 住宅の建設、購入などのための資金 1,500,000円
転宅資金転居のための資金260,000円
就学支度資金入学準備のための資金学校区分により異なります
結婚資金結婚の挙式、披露宴などに必要な資金300,000円

申請に必要なもの

申請書・・・用紙は子育て支援課窓口にあります。

その他・・・資金の種類によって、提出書類が異なります。詳しくは、子育て支援課へ。

※ 広島県東部厚生環境事務所(尾道市)での面接が必要です。