ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童虐待の通告

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月17日更新
花 通告受付電話番号 0848-67-6088 (夜間・休日も受け付けています。)
花 児童虐待の防止について
 ・ 児童虐待の疑いがある児童を発見した人は,通告する義務があります。
   ※参考 児童虐待の防止等に関する法律第6条第1項
    児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は,早くに,これを市町村、
   都道府県の設置する福祉事務所もしくは児童相談所または児童委員を介して
   市町村,都道府県の設置する福祉事務所もしくは児童相談所に通告しなけれ
   ばならない。
 ・ 平成17年4月から,児童虐待の通告先が「市町村,都道府県の設置する福祉事務所
   もしくは児童相談所」に拡充されました。
 ・ 平成17年7月から,児童相談所は「広島県こども家庭センター」に名前が変更されました。
花 児童虐待の種類と特徴
種類身体的所見虐待行動の特徴(傾向)
身体的虐待・けが
 (種々の外傷,火傷,骨折など)
・腹部外傷(内臓破裂)
・中枢神経外傷
・溺水,窒息,中毒 など
・たたく
・家の外に出す
・とじこめる など
性的虐待・歩行・座位ができない
・妊娠 など
ネグレクト・栄養不良
(体重増加不良・減少,小柄)
・繰り返す異色行動
・不衛生
・周囲に不適切な衣服
・子どもの世話をしない
・食べ物を与えない
・風呂にいれない
・着替えを用意しない など
心理的虐待・言葉の遅れ
・夜尿
・チック など
・ののしる
・無視する
・他のきょうだいと比較する
・子どもの前で夫婦げんかをする など