ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保険医療課 > 国民健康保険の給付

国民健康保険の給付

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月4日更新

国保の給付

お医者さんにかかるとき

 病気やけがをしたとき、医療機関等に保険証を提示すれば、診療、治療、薬剤や注射などの処置、入院及び外来、在宅療養及び訪問看護などについて、つぎの年齢区分による負担で医療給付が受けられます。

自己負担割合

 
義務教育就学前義務教育(小学校)就学後
70歳未満
70歳以上75歳未満
2割3割2割(ただし、誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割
又は3割(現役並み所得者)
特別な理由により、医療機関の窓口で支払う自己負担金が減免になる制度があります。

 入院時の食事代

入院したときの食事代(標準負担額)

  入院中の食事代は、他の医療費とは別途で、次のとおり定額自己負担となります。

適用年度平成27年度まで平成28年度平成30年度
一般(下記以外の人)260円/食360円/食460円/食
 ・住民税非課税世帯
 ・低所得者II
過去12ヶ月の入院日数が90日まで210円/食据え置き
過去12ヶ月の入院日数が91日以上160円/食
低所得者I(70歳以上で世帯の所得が一定基準以下)100円/食

 ※住民税非課税世帯の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。
 ※標準負担額は高額療養費の支給の対象にはなりません。
 ※減額対象者であった期間の過去12カ月の入院日数が90日を超えた場合,領収証等の入院期間(91日以上)を証明できるものを添えて再度申請 していただくと、さらに減額となる認定証を交付します。
※引き上げ対象者のうち,指定難病患者等については,食事負担額を据え置きます。

療養病床入院時の負担額

 65歳以上の方が、療養病床に入院したときは、食費と居住費として、それぞれつぎの標準負担額を負担します。

所得区分 

食費(1食あたり)

居住費(1日あたり)
平成29年10月以降平成29年9月まで
 一般(下記以外の人)460円370円320円
 住民税非課税世帯
 低所得者II
210円370円320円
 低所得者I130円370円320円

 後で費用が支給される場合

 やむを得ず保険証なしで診療を受けた場合や、医師の指示による治療用装具(ギブス,コルセット)などのについては、自己負担額を控除した額が、療養費として後から支給されます。
 なお、医療費などを支払った日の翌日から2年を過ぎると支給されませんのでご注意ください。

事故や急病などで保険証を持たず治療を受けたとき

 【申請に必要なもの】
・ 療養費支給申請書
・ 印鑑
・ 保険証
・ 診療報酬明細書(レセプト)
・ 領収書
・ 金融機関の口座番号

コルセット等の補装具代がかかったとき

 【申請に必要なもの】
・療養費支給申請書
・印鑑
・保険証
・医師の診断書並びに装具装着証明書
・補装具等の明細書
・領収書
・金融機関の口座番号

海外療養費

 海外でケガをした場合や、病気にかかった場合の費用について、帰国後申請により認められたものについては、療養費の支給基準により後から支給されます。
※日本で保険給付の対象外となっているものについては支給されません。
診療内容明細書・領収明細書が日本語以外で書かれている場合には翻訳が必要です。

 【申請に必要なもの】 (※リンクのあるものは様式のPDFファイルをダウンロードできます。)
・ 療養費支給申請書
・ 印鑑
・ 保険証
・ 診療内容明細書
  ▼診療内容明細書(Form A) [PDFファイル/67KB]
   ※ 傷病名及び国民健康保険用の国際疾病分類名の参考資料
     ▽国民健康保険用国際疾病分類表(Classification_of_Diseases) [PDFファイル/124KB]
・ 領収明細書
  ▼医科・調剤の領収明細書(Form B) [PDFファイル/60KB]
  ▼歯科の領収明細書(Form B) [PDFファイル/118KB] 
・ 海外の医療機関に全額治療費を支払った領収書(原本)
  ※ Form B と金額が合致しているかよく確認してください
・ 診療や調剤の内容を医師等に照会することについての同意書
  ▼調査に関わる同意書(Agreement of Authorization) [PDFファイル/156KB]
・ 金融機関の口座番号
・ 診療を受けていた時に実際に渡航していたことが確認できるもののの写し(パスポートの査証など)

移送費

 医師の指示により、緊急にやむを得ず入院や転院などの移送に費用がかかったとき、申請して国保が必要と認めた場合に支給されます。

【申請に必要なもの】
・ 移送費支給申請書
・ 領収明細書
・ 印鑑
・ 保険証
・ 医師の診断書か意見書
・ 金融機関の口座番号

被保険者が出産したとき

 被保険者が出産したとき、申請により出産育児一時金が支給されます。(妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。)
 ただし、会社などの健康保険に1年以上被保険者本人として加入していた方が、その保険を脱退後、6ヵ月以内に出産された場合は、以前加入していた健康保険に出産育児一時金を請求することができます。
  なお、出産日の翌日から2年を過ぎると支給されませんので、ご注意ください。

【出産育児一時金の支給額】

平成26年12月31日までの出産
 分娩機関が産科医療補償制度に加入していて妊娠22週(155日)以降の出産の場合        42万円
(39万円+3万円)
 上記以外の場合39万円
平成27年1月1日からの出産
 分娩機関が産科医療補償制度に加入していて妊娠22週(155日)以降の出産の場合        42万円
(40.4万円+1.6万円)
 上記以外の場合40.4万円

※産科医療補償制度とは、出産のときに重度の脳性まひになった赤ちゃんとその家族を救済する制度で、分娩機関の約99%が加入しています。産科医療補償制度に加入している分娩機関での出産の場合、出産育児一時金が加算されます。

【直接支払制度】

 出産される方の経済的負担を緩和し、安心して出産してもらうために直接支払制度(出産育児一時金を三原市国保から直接分娩機関に支払う制度)があります。
 退院時に分娩機関に支払う出産費用は、出産育児一時金を超えた差額だけで済みます。
○直接支払制度の手続き
  出産のために入院した分娩機関で「直接支払に合意する文書」に署名します。(市役所窓口での手続きは不要です。)
○市役所の窓口で手続きが必要な場合
  直接支払いを利用したが、分娩費用が出産育児一時金の支出額を下回る場合は、申請により差額が支給されます。
○直接支払いを希望しない場合または海外での出産の場合
  退院時に出産費用の全額を分娩機関に支払ってから、出産育児一時金を申請してください。
※直接支払制度の対象でない分娩機関もあります。

【申請に必要なもの】
・ 出産育児一時金支給申請書
・ 印鑑
・ 保険証
・ 母子手帳または出生証明書等出生の確認ができるもの
・ 金融機関の口座番号
・ 分娩機関が発行した領収書または請求書(産科医療補償制度対象分娩の場合、所定の印が押されたもの)の写し
・ 分娩機関が発行した直接支払制度の合意文書

【受取代理制度】

  平成23年4月から、直接支払制度の対応が困難で厚生労働省へ届出を行った一部の分娩機関で出産した場合に、受取代理制度が利用できるようになりました。
  この制度を利用すると、直接支払制度と同様に、分娩機関へ支払う出産費用の負担の軽減を図ることができます。
  受取代理制度の利用の可否は、直接分娩機関へお問い合わせください。

被保険者が死亡したとき

 被保険者が亡くなられたとき、葬儀を行った人の申請により葬祭費として3万円が支給されます。
 なお、葬儀をした日の翌日から2年を過ぎると支給されませんので、ご注意ください。

【申請に必要なもの】
・ 葬祭費支給申請書
・ 印鑑
・ 保険証
・ 葬祭執行者のわかる書類(埋火葬許可証、会葬御礼状等、葬儀の領収書または請求書など)
・ 葬祭執行者の通帳

その他の給付

はり・きゅうの施術費助成

 三原市が認定した施術者から、はり・きゅうの施術をうけたとき、1回あたり500円(年間15回を限度)を支給します。

【申請方法】
(1)施術を受ける前に保険医療課へ「はり・きゅう施術券交付申請書」「はり・きゅう施術意見書」を提出してください。
(2)「はり・きゅう施術券」を交付しますので、施術を受けてください。
(3)施術後に施術者に「施術証明書」を書いてもらい、「はり・きゅう施術費支給申請書」に記入して申請してください。
 ※三原市の認定施術者については保険医療課へお問い合わせください。

食事療養(生活療養)標準負担額差額支給

 入院したとき標準負担額減額認定証等が提示できず、標準負担額(食事代)の減額が行われなかった場合で、やむを得ない事由があったと認められるものについては、標準負担額の差額が支給されます。

【申請に必要なもの】
・食事療養(生活療養)標準負担額減額差額支給申請書
・印鑑
・保険証
・領収書
・金融機関の口座番号

こんなときは給付が受けられません

 次のようなときの医療費は、国保の給付対象外となります。
 ○軽度のわきがやしみ
 ○予防注射
 ○美容整形
 ○正常な妊娠・分娩
 ○経済上の理由による人工妊娠中絶など
 ○歯列矯正
 ※けんかや泥酔、犯罪による疾病については国保の給付が制限されることがあります。
  また、仕事上の疾病は労災保険の対象です。