ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > インフルエンザ警報が発令されました

インフルエンザ警報が発令されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月17日更新

インフルエンザを予防しましょう

広島県内インフルエンザ流行状況

 平成31年1月17日に県内のインフルエンザ警報が発令されました。
 家庭や職場での手洗いや咳エチケット・マスクの着用などで感染を予防しましょう。 

  広島県感染症・疾病管理センターホームページ

  厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」

インフルエンザの主な症状

   インフルエンザウイルスに感染すると数日の潜伏期間を経て,発熱,頭痛,全身の倦怠感,筋肉痛,関節痛などが現れます。

 感染経路

 感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」と,感染者の鼻や咽頭の分泌物に汚染されたタオルなどの物品を介してウイルスが体内に入る「接触感染」があります。

 インフルエンザ予防,流行拡大の注意点

1 外から帰った時など,こまめに流水と石けんで手を洗いましょう。

2 咳エチケットを守りましょう。

 ○咳・くしゃみ・鼻水がでる症状がある時は,周囲の方にうつさないようにマスクの着用をしましょう。

 ○マスクを持っていない場合は,ティッシュや腕の内側などで鼻と口を押さえ,他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。

3 予防接種を受けましょう。

4 室内は加湿器など使って,適度な湿度(50%~60%)を保ちましょう。

5 睡眠をしっかりとり,バランスのとれた食事を心がけ,体力をつけましょう。

6 人が集まる場所へ出かけるときはマスクを着用しましょう。

7 症状からインフルエンザが疑われる場合は,早めに医療機関を受診しましょう。

正しい手の洗い方

正しい手の洗い方についての画像

正しい手の洗い方について [PDFファイル/357KB]