ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内三原 築城450年事業 > みはら歴史館 「毛利輝元・小早川隆景書状 特別展示」
瀬戸内三原築城450年事業
450年の時を知り、未来につなげる新聞
三原市公式マスコットキャラクター やっさだるマン

みはら歴史館 「毛利輝元・小早川隆景書状 特別展示」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

瀬戸内三原 築城450年事業 「毛利輝元・小早川隆景書状 特別展示」

瀬戸内三原 築城450年事業の一環として平成29年11月1日(水)~11月26日(日)みはら歴史館にて「毛利輝元・小早川隆景書状 特別展示」が行われます。
三原浮城まつり開催中の11月4日(土)・5日(日)は20時まで開館延長。
書状の宛先は各通とも毛利氏の家臣熊谷信直の末子とされる熊谷就真です。毛利輝元書状は、天正5(1577)年と思われる5月18日付け、小早川隆景書状は、天正7(1579)年11月13日付けのものです。
享保10(1725)年頃に成立した「閥閲録(ばつえつろく)」の巻127熊谷彦右衛門の頃に、16毛利輝元書状、28小早川隆景書状として掲載されています。一般的な見舞い礼状等に見られる文面でなく、当時の輝元や隆景の心情を読み取ることができる貴重な文書です。

とき平成29年11月1日(水)~11月26日(日) 9時~17時
平成29年11月4日(土)・5日(日) 三原浮城まつり開催中は20時まで開館延長
ところみはら歴史館 (ペアシティ三原西館1階)
入場料

無料

書状

毛利輝元・小早川隆景書状 [PDFファイル/129KB]

問い合わせ先

みはら歴史館 0848-62-0450