ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内三原 築城450年事業 > 平成29年8月26日(土)【みはらWEフェス】肉ほおばりん祭~三原駅前でバーベキュー大作戦~が行われました
瀬戸内三原築城450年事業
450年の時を知り、未来につなげる新聞
三原市公式マスコットキャラクター やっさだるマン

平成29年8月26日(土)【みはらWEフェス】肉ほおばりん祭~三原駅前でバーベキュー大作戦~が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

肉ほおばりん祭~三原駅前でバーベキュー大作戦~

平成29年8月26日(土)に三原駅前市民広場で肉ほおばりん祭が開催されました。
三原をはじめ三次市、瀬戸田、広島市など遠方からも多くの方が来場されました。
夏休みスペシャル企画として、来場者先着100名に「八天堂のくりーむパン」をプレゼントしました。
たくさんの予約があり夜にかけて大勢の方々が広島県内産にこだわった牛・豚・鶏・ジビエ等をバーベキューで楽しみ、三原駅前市民広場がバーベキューの煙に包まれました。
地元飲食店による屋台では、自慢の肉料理を提供し、ステーキコーナー中村屋の「ステーキ丼」や鳥徳の「水軍焼」と「スパイスメンチ」など販売し、他にもcafe 3g、Teppan Diner 6、おにぎりやキッチンかば、キリンビールなどの出店がありました。


肉ほおばりん祭
(肉ほおばりん祭 バーベキューの様子)

肉ほおばりん祭
(出店)

肉ほおばりん祭
(出店)

また、浮城茶屋で三原だるま面相書き体験も行われました。三原だるまは「願いが成るように」と鳴り物の鈴や小石をいれ、頭が細長く豆絞りの鉢巻をしてるのが特徴です。人のこぶし大のだるまを「にぎりだるま」といいます。神明市でそのだるまを家族の人数分買い求め、だるまの裏にめいめいの名前を書いて神棚に供え、毎朝そのだるまを見て、家人一人ひとりの安全と繁栄を祈ったという言い伝えがあります。
描き方を教わりながらおのおの思い思いに三原だるまに眉や目や口、ひげを書き込み、持ち帰っていました。

三原だるま 面相書き
(三原だるま面相書き体験)     

問い合わせ先

肉ほおばりん祭実行委員会 070-5304-0436