ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内三原 築城450年事業 > 平成29年2月4日(土)三原城跡歴史公園 完成式典が行われました
瀬戸内三原築城450年事業
450年の時を知り、未来につなげる新聞
三原市公式マスコットキャラクター やっさだるマン

平成29年2月4日(土)三原城跡歴史公園 完成式典が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月10日更新

三原城跡歴史公園(三原城跡天主台お堀周り)で平成29年2月4日(土)に、三原城跡歴史公園完成式典が行われました。式典当日は、感謝状の贈呈、安芸本郷太鼓の演奏、くす玉割りが行われました。

  やっさ太鼓     式典風景

 (安芸本郷太鼓演奏)               (式典風景)

 感謝状贈呈     くす玉割り

 (感謝状贈呈)                 (くす玉割り)

三原城跡歴史公園

永禄10(1567)年に小早川隆景によって、築かれた三原城は、明治時代に鉄道建設のため、本丸に三原駅がつくられました。その後、市街地化が進み、天主台お堀端の、この場所にも家が立ち並び、平成23年から約3年、天主台お堀周辺の発掘調査を行なわれ、その調査で見つかった石列などを再現し、「紙本著色備後国三原城下絵図」が描かれた江戸時代の末期の様子をイメージし、三原城跡歴史公園として整備しました。

歴史公園

(三原城跡歴史公園)

問い合わせ先

 三原市教育委員会(文化課)

 0848-64-9234