ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内三原 築城450年事業 > 平成28年10月1日(日)かいぼりが開催されました
瀬戸内三原築城450年事業
450年の時を知り、未来につなげる新聞
三原市公式マスコットキャラクター やっさだるマン

平成28年10月1日(日)かいぼりが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月20日更新

築城450年を節目にさまざまなイベントが開催されていますが、その中で10月1日(土曜日)「三原城かいぼり隊」が開催されました。
築城450年をきれいな三原城跡で迎えるために、普段は水が入っているお濠ですが、導水管延長工事で水を抜いたのに併せて、清掃が行われました。

お濠の中に入れるとても貴重な機会とあって、予想をはるかに上回る323名の方が市民ボランティアとして、かいぼり隊に参加してくださいました。

当日は天満三原市長も参加し小雨降るぬかるみの中を、参加者と一緒に空き缶・ペットボトル、陶器や瓦の破片などを拾って予定時間より早く終了しました。

平成19年度から始まった周辺整備事業も平成28年度中には完了予定です。
いよいよ年内には水が入り、三原城のお濠がよみがえります。

最後にはドローンを使い笑顔で記念撮影し終了しました。

参加者全員で「450」の人文字参加者全員で「450」の人文字清掃の様子